英語学習を中心とした雑記ブログ

take something for granted(当たり前に思う)の使い方

take [something] for grantedの意味

まず、英語で意味を確認しましょう。

to believe something to be the truth without even thinking about it:

Cambridge Dictionary

訳:それについて考えることなく真実であると信じること

意味→ 当たり前のものと考える

例:I was taking you for granted.  (あなたが(の存在が)当たり前になっていた。)

[someting]をいろんな言葉に入れ替えることができます。

どんな状況で使われていたの?

レイシャの、ここ10年くらいで学んだことある?という質問に対して、ケイトが答えます。

Don’t take anything for granted.

訳:何事も当たり前に思ったらだめだよ

この場面では、普段の日常が当たり前と思わず、バンクーバーに住めてることや、朝起きて、家族や友達などのことを感謝していると話しています。

take ●● for granted. まとめて覚えるのがよさそうだね。

grant もついでに学ぼう

まる覚えとはいえ、せっかくなのでgrantについても確認しましょう。

【grantの動詞】

to accept that something is true, often before expressing an opposite opinion:

Cambridge Dictionary

→反対意見を表現する前に、あることが真実であると受け入れる。

意味:許可する、承諾する、認める

注目すべきところが、後半の『before expressing an opposite opinion』って文章です。

反対意見を表現する前に』とうい表現が使われています。

ただ単に受け入れる、認めるのではなく『とりあえず受け入れる』という意味になります。

例文をみてみましょう!

I grant that it must have been upsetting but even so I think she overreacted.

Cambridge Dictionary

訳:それが動揺することだってことは認めるけど、彼女は大げさだったと思う。

一度相手の状況を受け入れておきながらも、but以下で自分の意見述べています。

grantがいったん受け入れるという意味を学べたので、忘れにくくなりそうですね。

仮にというニュアンスが強いのがこのフレーズのポイントだね。
何でもかんでも受け入れていく、
→当たり前に思う。

なかなか言いにくい文章だけど、使っていきたいフレーズだね。

SNSでフォローする